一周忌法要とはどういったことをするのでしょうかの詳細

> 一周忌法要とはどういったことをするのでしょうか

一周忌法要とはどういったことをするのでしょうか

亡くなった日から一年に当たる祥月命日(しょうつきめいにち。亡くなった日の同月同日)を一周忌と呼びます。一周期は年忌法要の一つで、区切りとして故人と親しい方や親族を呼び供養を行います。一周忌法要には僧侶による読経のほか、墓参を行い参列者には食事を振る舞います。場合によっては一周忌法要の際に納骨を行うなどの行事もあります。一周忌法要は、故人の供養を行うという意味合いが大きいのですが、遺族が参列者への感謝を伝えたり、故人の生前の思い出話などをしてご遺族を慰めるための集まりとしても意味があります。

一周忌法要は自宅もしくは菩提寺で行うことが殆どです。一周忌法要はお寺で、その後の会食は自宅で仕出し料理を振舞ったり、料理店や会館に移動してもらうなどのスタイルが主流です。法事料理として精進料理を中心としたメニューを用意しましょう。仕出し料理店に相談をすると、法事料理のメニューを提案してくれます。また家族だけでの運営が難しい場合は、葬儀社へ相談をすることも一案です。僧侶の手配から仕出し料理の手配、会食の場所なども用意してもらうことが出来ます。

一周忌法要の際の僧侶へのお布施の相場が気になるところですが、読経をしてくださったことに対するお布施(またはご経料)は3万円程度、お車代・御膳料は各自5千円から1万円程度を用意します。遺族が僧侶を送迎する際や会食に僧侶が出席する際には不要と捉えて構わないでしょう。一周忌法要を境にご遺族も多少は落ち着いた生活を取り戻すことが出来ます

お坊さん便