初盆・お盆について教えて下さい。の詳細

> 初盆・お盆について教えて下さい。

初盆・お盆について教えて下さい。

お盆とは、故人を祀る儀式です。お盆の時期は、地域によっても異なり、7月13〜16日もしくは8月13〜16日までの4日間を指します。お盆の起源は仏教の教えに沿っていますが、故人が年に一度お盆の時期だけこちらの世界に戻ってくると言う考え方に基づいた儀式が強く残っています。お盆の儀式は、13日に迎え火を焚き、先祖の霊を迎えます。その間仏壇には精霊棚(しょうりょうだな)を作り、先祖の霊を供養します。16日には送り火を焚き、先祖の霊を極楽浄土へ送ります。

その中でも初盆(はつぼん)はお葬式終了後、四十九日を終えてから初めてのお盆を指します。地域によっては「新盆(にいぼん)」などと呼ばれています。初盆は、親族や知人などの身近な人を招き、僧侶による読経のほか焼香を行います。また精進料理で来客をもてなします。忌中にお盆を迎えた際は、翌年のお盆が「初盆」になります。お盆にはお焼香や墓参りなどを行い先祖の霊を供養します。

盆灯籠や独特の精霊棚を作るなど様々なお盆に関する文化がありますが、地域によっても異なります。先祖から受け継がれてきた祀り方でご先祖の霊をもてなしましょう。核家族化の進行に寄り初盆の習わしがわからないという方も増えて来ました。菩提寺の住職や地域の葬儀社に教えを請うこともお勧めです。特に葬儀社ではお盆用品などを販売しているので揃えることも可能です。お盆の時期は親族が揃う年に数回のチャンスです。故人の思い出話やお互いの近況報告などを行う場としてお勧めです。

お坊さん便