四十九日法要とはどういったもの?の詳細

> 四十九日法要とはどういったもの?

四十九日法要とはどういったもの?

四十九日の法要は、忌明けの意味を込めた大切な仏教儀式です。仏教の教えでは、亡くなった日から四十九日目に極楽浄土へたどり着くと言われています。極楽浄土へいけるか地獄の沙汰へたどり着くかの最後の裁きがある日とも言われていますが、仏として極楽浄土へたどり着く日と捉ることがご遺族にとっても心が落ち着くことでしょう。ご遺族にとっても忌明けとして深い悲しみの毎日から少しづつ故人のいない生活に慣れていく、気持ちを切り替えるための儀式にもなることでしょう。

四十九日には、僧侶による読経を行い故人の霊を慰めます。また、多くの場合火葬後祭壇に納めておいた遺骨を墓石に納骨いたします。また新しく仏壇を家に設置した際にはこの日に開眼供養(かいげんくよう)を行います。忌明けの意味も込められている四十九日法要ですが、この日には、故人に近しい人を呼び、僧侶を交え会食を行う事が通例とされています。葬儀の際に行き届かなかったことをお詫びすることや、忌明けで遺族が前向きに進むことの意味合いもありますが、故人が無事極楽浄土へ辿りつけた事へのご供養の意味が大きいでしょう。

四十九日法要に関しては、地域性などが大きく左右されてしまいます。運営に関しては菩提寺の僧侶と相談をしたり、葬儀社へお任せするなど様々な方法があります。会食の会場・食事の手配などたくさんの準備もありますので、無理の無いように進めて行きましょう。時代の流れとともに、四十九日法要は身内だけで行う事が主流となりつつもあります。

お坊さん便