初七日法要についての詳細

> 初七日法要について

初七日法要について

初七日(しょなのか)法要は故人の成仏を祈るために行う仏教行事です。地域によって起算日が異なりますが、亡くなった日を1日目と数え、7日目に行います。たくさんの言われがありますが、亡くなった方が三途の川の岸辺に到着するのが初七日だと考えられています。生前の行いに照らし合わせ三途の川渡りのコースが振り分けられるのだそうです。その初めての裁きが初七日に行われると言われています。

初七日法要では、故人が三途の川を渡る際に暖かい川の流れを渡れるように、また橋や船で無事渡りきれるようにご供養いたします。また遺族が法要を通じてお願いをすることで、故人の生前の行いについて弁護を行う役割も果たしていると考えられています。初七日から四十九日までの7日おきの法要は、要所で行われる閻魔大王の裁きと重なっています。法要の場で故人の事を思い出し、遺族や知人の間で話題に出すことで、生前の善行を裁きの場に届けることができるのです。特に初七日法要では、ご遺族は悲しみの中に包まれていますが、故人が仏に生まれ変わるまでの間に起こる初めての試練に立たされているところを応援すると捉えてご供養いたしましょう。

初七日法要では、僧侶による読経を行います。このところのスタイルでは、葬儀の当日や火葬後、ご遺骨が自宅に戻った時に行うようになりました。参列者などに二度足の手間を取らせないよう簡略化しているとも考えられます。また初七日当日はご遺族を中心とした内輪で追悼することが多いようです。

お坊さん便