僧侶を手配したいの詳細

> 僧侶を手配したい

僧侶を手配したい

このところでは核家族化や、「本家・分家」などという捉え方がなくなりつつあるので、お寺の檀家に入られていないご家庭が増えて来ました。また管理費やお寺の施設充実費など折りにふれての寄付金集めや檀家同士のコミュニティなどと言うような檀家制度に縛られるのが嫌だという方もいらっしゃるようです。それでもお身内のご逝去の際には、一般的な仏式の葬儀で見送りたいのが本音というところでしょう。葬儀社などを通じて僧侶を手配するとかなり高額な費用を請求されることがあります。ご負担を少しでも減らしたい場合は、僧侶の紹介派遣センターの利用をおすすめします。

実際に寺院にお勤めされている僧侶が葬祭会館へ派遣されます。各宗派対応されており、各宗派に則った格式のある葬儀を執り行う事ができます。派遣いただく僧侶に対しては、戒名を持たず俗名のまま通夜・葬儀を行うことや院号・院居士などの戒名をいただくことも可能です。ここで注意しなければいけないのが、ご依頼者様の菩提寺の有無です。ご依頼者様の世帯に菩提寺がある場合は、菩提寺の許可がなければ僧侶の派遣手配をすることができません。承諾なき場合は、檀家制度に支障をきたし、既存の先祖代々の墓所に納骨ができない場合もあります。

ご葬儀の際に僧侶を手配してほしいと言う場合は、紹介派遣センターの無料相談窓口を利用しましょう。無料相談窓口では、葬儀に関するあらゆるご相談に応じてくださいます。また僧侶の派遣手配に関してもスムーズで、ご先祖の宗派がわからない場合でも調べていただける安心感が伴います。

お坊さん便