僧侶を派遣することはできますか?の詳細

> 僧侶を派遣することはできますか?

僧侶を派遣することはできますか?

このところでは核家族化が進行して、信教や菩提寺を持たないご家族が増えています。故人の見送り方・弔い方はそれぞれにありますが、出来れば一般的な仏式で葬儀を出し故人を見送りたいのが日本人として自然なお気持ちであることでしょう。地元の葬儀社を介して僧侶の派遣を依頼したら戒名をいただくだけで法外な金額を請求されてしまい困ったという方もいらっしゃいます。またこのところでは家族葬などというご遺族のみで故人を見送る葬儀スタイルも増えているので、お布施にお金を掛けることが難しいという方も多くいらっしゃるようです。

ここでおすすめしたいのが、各宗派対応の寺院僧侶の紹介派遣センターの利用です。各宗派の寺院でお勤めする僧侶が戒名を付けてくださいます。通夜・葬儀・初七日、火葬場での読経などを含めてもとても安価に済ませることができます。ビジネス的なシステムなので、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的な寺院もシステマチックになってしまい、仏教徒としての儀式と言うイメージが崩れてしまっているところもあります。こうやって考えると、ご遺族様が受け止めなければいけないあらゆるご負担が少なくなるのではないでしょうか。

僧侶も雇われた方ではなく、お寺でお勤めするご住職や副住職様がご担当なさいます。その宗派独特の説法・開眼供養なども丁寧に施してくださいますので、安心して故人を見送ることができるでしょう。ご遺族だけではなく、お身内や知人の皆様も納得されるはずです。

お坊さん便