浄土真宗(西)の戒名あれこれの詳細

> 浄土真宗(西)の戒名あれこれ

浄土真宗(西)の戒名あれこれ

浄土真宗は大谷廟堂を発祥とする本願寺(西本願寺)を本山としています。信者数も浄土真宗の各宗派含めて最大規模とされています。浄土真宗では、出家を強いる宗派ではないので、戒名ではなく「法名」といいます。法名の中に「釋」と言う文字が含まれますが、これは釈迦の略で、釈尊の家系に入ると言う意味あいが込められています。親鸞聖人が「釋親鸞」と名乗っていることでもわかります。女性の場合は「釋尼」とつけるところもありますが、無分別の教えを説いているため「釋尼」をあまり用いなくなってきています。

浄土真宗の場合、生きているうちに「おかみそり」と呼ばれる帰敬式を行い法名を授けていただくことが本筋とされていますが、帰敬式を済ませず亡くなった場合は、葬儀の際に「帰敬式」の儀式を行い法名を受けます。浄土真宗の場合、シンプルに法名のみで済ませることが殆どです。「釋○○」と言うように院号や位号などがありません。

ただし、以前から「戒名の文字数が多いほど偉い仏様として扱われる」「御先祖様には大居士等位の高い戒名を受けた方がいるので、浄土真宗の法名だけではバランスが取れない」などという考えをもっている一般信徒がいるのも事実です。浄土真宗(西)本願寺では、お寺に大きな貢献をされた方に対して院号を付与する習わしがあります。どのような貢献をすればいいのか?と悩まれる方もいらっしゃいます。規定額以上のお布施や寄進をしたと言う記念品の一つとして「○○院釋△△」の院号が与えられるのです。

お坊さん便