浄土真宗(東)の戒名あれこれの詳細

> 浄土真宗(東)の戒名あれこれ

浄土真宗(東)の戒名あれこれ

浄土真宗東本願寺派は、浄土真宗から派生した仏教です。真宗大谷派から独立したお寺様で構成されています。浄土真宗では、授戒を行なっておりません。そのため戒名を授けるのではなく、新しく仏道生活に入った方に授けると言う意味合いで法名と呼びます。亡くなってからと言うよりは、生きている時に本山で「帰敬式」を受け法名をいただくことが望ましいとされています。浄土真宗の信徒で生前に法名を頂いていない場合は、葬儀の際に「帰敬式(おかみそり)」を行い仏弟子となった証として法名を与えて頂きます。

浄土真宗では、東西関係なく、法名に「釋(しゃく)」という文字を当てはめます。これは親鸞聖人が自らを「釋親鸞」と名乗っているところから来ており、お釈迦様の「釋」である一文字であることがわかります。以前は、女性の場合に「釋尼」の文字を入れていましたが、浄土真宗の教えの一つでもある「無分別」に矛盾してしまうことから、男女別け隔てなく「釋」一文字としているお寺が増えて来ました。

浄土真宗東本願寺派で法名を授ける場合は、一般的には、法名のみが殆どです。「法名は長いほうが位が高い」と言う考え方が主流になっているためバランスを考え「居士・大姉」などというような位号をつけられた法名も目立つようになりました。また、戒名と言う考え方を持っていないので、お位牌はありません。ただし、浄土真宗東本願寺派の信徒であっても「心の拠り所」としてお位牌を作り安置しているご遺族もいらっしゃるようです。

お坊さん便