天台宗の戒名あれこれの詳細

> 天台宗の戒名あれこれ

天台宗の戒名あれこれ

天台宗は、最長によって日本に伝えられた大乗仏教の宗派です。妙法蓮華経を教典としています。天台宗で授ける戒名は仏の教えに帰依し、仏教徒として戒めを守り、菩薩であることを自覚して生活することを誓った方に授けられるものです。天台宗の場合、大乗菩薩戒と呼ばれる3つの戒めを誓う事がベターとされていますので、亡くなってから戒名を授かるよりも、生前に授戒し戒名を授かっておくことが望ましいとされています。天台宗の戒名は他の宗派と同様「院号」「道号」「戒名」「位号」で成り立っています。

院号や位号に関する習わしも、仏門に深く帰依し、貢献度が高いほど院号が付き、位の高い位号が授けられます。天台宗では、本位牌に戒名を刻む際には、梵字の「ア」もしくは「キリーク」を戒名の上に入れます。ア文字は大日如来を意味し、キリークは阿弥陀如来を意味します。子どもに対する戒名の場合は、梵字の「カ」を入れます。これは地蔵菩薩を意味しています。

また、通夜や葬儀の時は白木の位牌を用います。白木の位牌の場合は、最上位に「新円寂」「新帰真」「新没故」と書き入れ、戒名の下には「霊位」「霊儀」などという置字を行います。四十九日が過ぎると塗の本位牌に改めます。本位牌の開眼供養を行い、お仏壇に安置をする際に、これまでの白木のお位牌はお寺に納めます。この仮のお位牌のままにすることで、葬式が終わっていない、成仏できていない形を引きずってしまうことになりますので注意が必要です。

お坊さん便