曹洞宗の戒名あれこれの詳細

> 曹洞宗の戒名あれこれ

曹洞宗の戒名あれこれ

曹洞宗は中国の流れを次ぐ禅宗で、宋で修行をした道元禅師が日本における曹洞宗を始めました。本山は永平寺、總持寺です。坐禅に徹する黙照禅が特徴です。曹洞宗の戒名は「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成されており、一般的には「道号・戒名・位号」の構成となっています。またそれぞれ二文字で授けることが原則とされています。

院号は仏教への篤い信仰心を持っている方、寺院への精神的なサポートだけではなく多くの寄進をされた方に授けられます。「院殿号」の院号は社会的地位を持っている方、お寺へ大きな寄進をされた方などに授けられます。「院殿号」の院号が授けられた場合、位号は「大居士・大姉」とされるのが一般的です。曹洞宗の戒名で通目したいのが道号と戒名です。道号はその人の徳を表現しているもので、俳号や雅号が用いられることがあります。このような名前がない場合は、道号と戒名の四文字は経典や漢詩などを参考にして、対句を用いた熟語とすることが多く見受けられます。故人の生前の話を伺い、経典や中国の漢詩などに当てはめて表現してくださることが多いので、戒名の意味を知ることで、故人の生前の人となりを知ることができるのです。

檀信徒の中でも参禅を積極的に行い、宗教的な価値観を持ち、達観された方に対して与えられるのが「禅定門(禅定尼)」と言う位号です。居士や大姉に続く格式ですが、文字が1文字多くなりますので居士・大姉よりも格上だとするところもあります。

お坊さん便