真言宗の戒名あれこれの詳細

> 真言宗の戒名あれこれ

真言宗の戒名あれこれ

真言宗は、空海(弘法大師)によって平安時代に開かれました。密教を基盤としており、曼荼羅宗、真言陀羅尼宗などと呼ばれています。真言宗の戒名は、「院号」「道号」「法名」「位号」で構成されています。また、「戒名」ではなく法名もしくは法号と呼ぶことが一般的です。これまで真言宗では院号をつけることはありませんでしたが、お寺に手厚いサポートをされた方、檀家として檀家同士の助け合いになどに深く尽力された方に対しては院居士・院大姉などの院号を付けるケースが増えて来ました。「道号」は仏門に入っているという意味を表しています。

真言宗では、位号には「善士・善女」「善童子」「善童女」と表記されることもあります。戒名の一番下には「位」または「霊位」と言う置字を用いるのも真言宗の習わしです。真言宗では、戒名の上に梵字を刻みます。成人の場合は、故人の霊が大日如来の悟りに帰入される事を示す梵字の「ア」を刻み、子どもの場合は、地蔵菩薩の導きに従う事を示す、梵字の「カ」を刻み入れます。

通夜や葬儀の時には白木のお位牌を使い、四十九日の法要を済ませたら塗の本位牌に改めます。白木のお位牌には一番上に「新円寂」戒名の下には「霊位」と置字をします。塗の本位牌には先述の梵字を刻みます。四十九日が過ぎても白木のお位牌のままでは成仏できない形として捉えられます。白木のお位牌は本位牌の開眼供養とともにお寺へお納めいたします。菩提寺やお世話になるお寺様の指示に従い、早めに本位牌を用意するようにしたいものです。

お坊さん便