浄土宗の戒名あれこれの詳細

> 浄土宗の戒名あれこれ

浄土宗の戒名あれこれ

浄土宗は法然を開祖とし阿弥陀如来様をご本尊とされています。親鸞と開祖とする浄土真宗とひとまとめに見られることもありますが、浄土宗と浄土真宗とは異なる宗派です。浄土宗では戒名を授けるときに「誉号」をつけるのが習わしです。この誉号はかつて僧侶や五重相伝(浄土宗の教えを5つの順序に添って伝える法会)を受けている檀信徒に授けられていたものですが、今日では五重相伝を受けていない檀信徒でも誉号を広く授けていらっしゃいます。

この他の院号・戒名・位号に関しては、一般的な仏教の考え方に則られており、信仰心が篤く、寺院への貢献やや快適貢献度が高い方には院号を授けています。位号に関しても、「居士・大姉」「信士・信女」などの位付けがなされています。浄土宗では、成人男女に授ける「禅定門・禅定尼」と言う位号もあります。信仰心の篤さや法門に深く帰入された方に授けられます。居士や大姉に続く位となっています。この「禅定門・禅定尼」という位号は、元々は五重相伝を受けられた方に限り授けられていたのですが、法会を受けない方でも誉号を授ける慣例が定着してきているため、最近ではこの位号は授けられていないとされています。

浄土宗では戒名を刻むお位牌に仏種子の「キリーク」の梵字を入れます。キリークは阿弥陀さまを表現しています。子どもの戒名の場合は地蔵菩薩を表現する「カ」の梵字を入れます。梵字をお位牌に刻むのは、それぞれの導きに守られて従うことを示しているのです。

お坊さん便