葬儀のお布施の詳細

> 葬儀のお布施

葬儀のお布施

葬儀を執り行う際には、葬儀の祭壇を作ったり、お香典返しの準備、参列者へのおもてなしなど様々な費用がかかります。その中でも特に気をつけなければいけないのが葬儀の際のお布施です。仏式の葬儀を行う場合は、僧侶を手配し仏教行事である葬儀を行う必要があります。僧侶への支払いは葬儀社への支払いとは別途の場合が多く、読経をしてくれた事や戒名を授けてくださったことに対する御礼を「お布施」としてお渡しする必要があります。

お布施の相場とはどのくらいなのか多くのご遺族が心配されることでしょう。相場というものが騒がれていますが、地域性や菩提寺とのつながり度合い、故人の生前の社会貢献度や地位等によっても大きく変わってしまいます。僧侶へ相談をすると「お気持ち程度」という回答が多いようですが、葬儀社へ相談をするとこれまのでノウハウから大体の相場をお知らせいただける事が殆どです。

菩提寺がすでにある場合、葬儀の際に高額のお布施をすることでその後の法事の際のお布施などで大きな負担を強いられることが考えられます。死者を見送るためには想像以上のお金がかかってしまいますので、家族で話し合い、見栄をはることなく相場相応のお布施をお寺にお渡しするようにしましょう。お布施の金額が少なくとも平等にすべてを取り扱ってくれるのが僧侶です。お布施が少ないことで申し訳なさを感じるようであれば、清掃奉仕など精神的な施しをお寺に対して行うことでも十分気持ちが伝わります。

お坊さん便