院日信士・院日信女の詳細

> 院日信士・院日信女

院日信士・院日信女

日蓮宗では、法号の中に「日」と言う文字(日号)を入れる習わしがあります。これは日蓮上人の名前にちなんだもので、日蓮宗固有のものです。本来誰にでも平等である仏教の教えに基づき、日号の授与は誰にでも行うものなのですが、実際には、信仰の深い信者や菩提寺、日蓮宗に対して大きく貢献された方、社会的にも深く貢献された方に授与されていることが殆どです。その中でも「院日信士・院日信女」という日号が含まれた法号は、日蓮宗に厚い信仰心を持っており、寺院や日蓮宗へ大きく貢献された方と見ることが出来ます。また日蓮宗の信者の方で高い徳を持っていらっしゃる方や社会的功績の大きかった方にも授けていただけることが多くなりました。

法号に日号が入ることで「院信士・院信女」よりも位が高くなります。院居士・院大姉と同等もしくは日号が入ることで格上に見られることもあります。院号はお寺に一定額の寄進をしたり、精神的な貢献をする事で授けていただける場合が大きいのですが、日号に関しては寄進などよりもどれだけ日蓮上人の教えを勉強し、深く信じるか、お寺の運営に大きく貢献できたかなどで変わってくるようです。お金では買えない部分も問われますので、普段から教えを請い、勤めに励みましょう。

先祖代々の流れで日号を授けてほしいと言う場合は、菩提寺の僧侶に相談をしましょう。お寺に深く寄与されている家系の方であれば、僧侶も深く見届けていらっしゃいます。僧侶のご判断も早いことでしょう。

お坊さん便