院信士・院信女の詳細

> 院信士・院信女

院信士・院信女

日蓮宗では「院信士・院信女」と言う院号を用いた法号を授けることがあります。仏教の教えに照らし合わせると「信士・信女」は一般の成人男女に授けられるものとされるのですが、日蓮宗では、信士・信女の位号でも院号を与えられる事があります。院号がついた場合の法号の位としては、一般的な信士・信女よりも格上で、院居士・院大姉と比べると格下となります。場合によっては院号がつかない「居士・大姉」より字数が多いと言う理由から格上と見られることもあるようです。

院信士・院信女の法号を得られる条件としては、仏教に対する信仰や信心が深く、社会的貢献度が高い方に授けられることが殆どです。寄進などはもちろんのこと、お寺への奉仕作業に積極的に参加する、檀家同士のまとめ役を行ったりなど精神的な貢献をするだけでも認めていただけることがあるようです。中には、ご先祖様の多くが「院居士・院大姉」の法号を授けて頂いているのでバランスが欲しいという願いから「院信士・院信女」の院号を授けていただくことがあるようですね。多くの場合、僧侶との面談の中で、ご遺族の気持ちなどを汲んでいただけますので、出来る限りのお話を僧侶とされることをお勧めいたします。

日蓮宗では法号を授ける場合、故人の俗名の中から一文字を組み入れることがほとんどです。またご遺族から故人の生前のお話をゆっくり聞きとめてから法号を授与してくださいます。ご遺族のお気持ちも穏やかではない時分に僧侶と向き合ってお話をされることで、心が落ち着くことも多いようですね。

お坊さん便