釋・釋尼の詳細

> 釋・釋尼

釋・釋尼

法名の中で「釋・釋尼」という文字が入っていることがあります。お釈迦様の門下に入り精進すると言う意味合いで浄土真宗のみで付けられる法名です。かつては男性が「釋」女性が「釋尼」と表現されることが多かったのですがこのところでは、無分別と言う仏教の教えから「釋」だけを使用するケースが増えています。このように無分別と言う考え方から、浄土真宗では「釋・釋尼」はすべての故人の法名に授けられます。他の宗派で授けられた戒名と比べて位が変わるということは全くありません。

浄土真宗各派でも「釋・釋尼」の取り扱い方は変わります。浄土真宗の場合、すべての法名に「釋」の文字が含まれます。中には「釋尼」の文字が含まれているので、生前出家していたのでは?と勘ぐる方もいらっしゃるようですが、「尼」と言う漢字は女性を表現するサンスクリット語の語尾が変化してできた文字です。女性であることだけを表現するためだけに当てられている文字で、出家者ではありません。このように、菩提寺の考え方の違い一つで法名の付けられ方も大きく変わります。

浄土真宗に限らず、浄土宗では「誉号」、日蓮宗では「日号」を戒名につける習わしがあります。真言宗では、戒名の上に「あ行の梵字」を記し、大日如来の弟子になったことを表します。戒名を見ることでどのような宗派に俗するのかも知ることができるのは面白いですね。戒名に関して、僧侶に様々なお話を伺える機会があるかもしれません。

お坊さん便