院居士・院大姉の詳細

> 院居士・院大姉

院居士・院大姉

仏教で、出家や授戒した方に授けられるが「戒名」です。仏門に入った証とされています。今では亡くなった方が仏として道を歩き出す際に僧侶から授けられる名前だと受け止める方が多いようです。この戒名の中で、院居士・院大姉の院号を授けていただける故人もいらっしゃいます。戒名の中で院号というものは、仏門に特に功労があったと認められた方に授けられます。在宅出家などというようなことではなく、檀家として菩提寺に貢献をしたり、檀家同士の助け合いなどに積極的に参加をしたり、檀家のリーダーとしての取りまとめ役など僧侶のサポートを献身的に行うだけでも「功労があった」と認めていただくことが出来ます。この貢献の中には、精神的な貢献だけではなく寄進などの金銭的な貢献も含まれると言われています。

元々の由来は、「お寺を一つ建立するほど菩提寺に貢献をした人、社会的に地位や身分が高い人、社会的功績があった方」だけが授けられるものでした。このところでは、お寺に寄与しただけではなく、菩提寺に貢献度は低いけれど、その土地の名士など地域に貢献をした方と認められた方にも院号を授けていただけることがあります。

院号というものは誰でも授けていただけるものではなく、自死や幼くしてなくなった方には通常院号は付きません。「○○院△△■■居士(大姉)」というように院号がつくことで、位が一段と高くなります。院居士・院大姉の院号を授けていただく際は百万円程度の戒名料としてもお布施を用意するという話もありますが、地域の慣例にしたがって用意されると良いでしょう。

お坊さん便