位号「居士・大姉」についての詳細

> 位号「居士・大姉」について

位号「居士・大姉」について

ご位牌に書き記された戒名を見ると、位号に「居士・大姉」と記載されている事があります。居士(こじ)や大姉(だいし)という位号は、在家のまま仏門に入り仏の道の修行をされている方に付けられるものです。信士・信女よりも位が高いと見ることが出来ます。生前に仏門に入って修行をしている方とは言いますが、本格的な仏教徒としての修行ではなく、お寺の檀家さんで奉仕作業をされたり、お寺の「講(こう)」と呼ばれるグループに入りお寺や檀家仲間で助け合うなどの活動をしてきたというような精神的な奉仕などでも「仏門の修行」としてみて頂ける場合が強いようです。また、往生をした方、地域に貢献された方などにも居士・大姉などの位号を授けていただる場合が高まります。

中には「お金で戒名を買う」と言う歪んだ見方があります。ご遺族の見栄や先立った伴侶とのバランスを鑑みて高い位の「居士・大姉」の位号を授けてほしいと僧侶に依頼することがあるようです。お金で戒名を買うのではなく、お寺にこれから寄進をするので(故人の社会的貢献もしくは功労を)お認めいただけないでしょうか?と言った意味合いで居士・大姉の位号を授けていただく事が本来の意義のようです。

菩提寺がある場合は、お墓を管理していただくところと捉えるのではなく、お寺が行う活動などにご家族で参加したり、お手伝いなどを進んで行うなど日々のことをして行きましょう。気になる戒名料としては決められた価格帯はありませんので、地域の方のこれまでの相場を見習うのも一案です。

お坊さん便