位号「信士・信女」についての詳細

> 位号「信士・信女」について

位号「信士・信女」について

通夜や葬儀の際に故人に戒名が授けられます。仏として極楽浄土へ出向くための新しい名前です。僧侶が生前の故人のお話をご遺族から深く聞き取り、戒名を授けてくださいます。宗派によっては戒名と言わず、法名や法号と呼ぶ場合もあります。戒名という考え方を持たない宗派もあります。

数多くのご位牌をご覧になった方は「信士・信女」などと記載されていることにお気づきのことでしょう。これは位号といって、その方が亡くなった時の年齢などを表すことが多いようです。一般的に多いのが「信士・信女」で成人男性・成人女子に付けられる位号です。成人男女でも結婚をされていた故人に付けられることが多いようですね。また「位号」と呼ばれるほどですから、この故人の地位もわかります。「信士・信女」は一般的な位号で亡くなった時には戒名にこの位号が付けられます。ただし、地域に貢献された方、お寺に深く関わりがある方などは高い地位に当たる位号が授けられます。特に往生された方などに対して「信士・信女」などの位号は授けられないのが一般的です。

位号が「信士・信女」だったとご遺族ががっかりされることもあるようですが、注目していただきたいのが、院号や道号、戒名などです。僧侶が生前の名前から一文字取ったり、ご遺族のお話からその方の人生を表す漢字や熟語を当てて創りだしてくださいます。とても深い意味が込められていますので、戒名を見るだけでその方の一生を伝えられる場合が多く見受けられます。

お坊さん便