五十回忌法要の詳細

> 五十回忌法要

五十回忌法要

五十回忌法要は故人が亡くなった日から満49年目の命日の前に行われる年忌法要です。生前の行いが悪く、極楽浄土への道のりが険しかった方、お裁きの結果で地獄へ向かわざるを得なかった方でも、50回忌を迎えれば誰しもが極楽浄土へいけるという考え方に基づき、今回の法要をもって弔いあげとすることが多くあります。一旦年忌法要などは区切りになりますが、菩提寺に記録が残っていれば100回忌などを行う場合もあります。これは、宗派や地域性、家系などでも異なるようです。

五十回忌法要では僧侶の読経や墓参のほか、弔いあげということでお身内だけで会食の場を持つこともあります。「弔いあげ」は必ずしも50回忌で行う必要はなく。17回忌33回忌などをもって弔いあげとするところもあるようです。ドライな受け止め方としては「今生きている親族の中に生前の故人を知るものがいなくなった」時点で弔いあげをしても良いと言う考え方も存在しています。

中には五十回忌法要を済ませたのでお寺との接点がなくなってしまうという方もいらっしゃることでしょう。何らかの事情で新たに墓所を取得されているなどを場合は、五十回忌を迎えられた方のご遺骨に関して合祀をお願いすることもできるようです。合祀と言う形で永代供養墓へ移ると無縁仏として取り扱われることもありませんので、ご遺族としても安心できることでしょう。合祀を依頼する場合もお寺に相談をされることをお勧めします。また合祀をされてもご供養を続けることは大切です。

お坊さん便