戒名とはどういったものですか?の詳細

> 戒名とはどういったものですか?

戒名とはどういったものですか?


「戒名(かいみょう)」とは、俗世を捨て、仏の道に入った証として付けられる名前です。元々は、出家修道者に対して名前を与える事を指していますが、死者が成仏するという仏教の考え方のもと、故人に戒名を授ける習わしができました。これは日本固有の風習とも言えるようです。宗派によっては「法名(ほうみょう)」「法号(ほうごう)」と言う呼び方をします。

戒名は僧侶によって授けていただくことが出来ます。戒名は院号・道号・位号の3つに分けられ、位号によって故人の位の高さが分けられます。一般的には「信士」「信女」という位号が付けられますが、生前社会的地位が高かった方、地域に大きく貢献した方、または家族からの希望によって「居士(こじ)」「大姉(だいし)」という位の高い位号が付けられます。また道号が長くなることで、生前の功績を讃えられていることもわかります。位号は年齢によっても変わります。「童子・童女」という位号は幼くして成仏した霊を指します。

戒名に関しては宗派によっても考え方が異なりますので、菩提寺の僧侶と相談をしながら授けていただきましょう。多くの僧侶は遺族から故人の生前の話を丁寧に聞き取り、故人の名前を一文字組み入れたり、故人の人生そのものを漢字に表し戒名へ組み入れることを主流としています。僧侶によっては葬儀の際の説法で戒名に関するお話をしてくださることもあります。僧侶の話に耳を傾けてみると、故人の生前の人となりを知ることができるでしょう。

お坊さん便