三十三回忌法要の詳細

> 三十三回忌法要

三十三回忌法要

三十三回忌は故人が亡くなってから32回目の命日の直前に行います。地域によっては。三十三回忌に弔いあげとするところもあります。弔いあげとは、法要を節目として故人が極楽往生したとして、最後の法要とすることを指しています。宗派や地域性、そのご家族代々の考え方によって三十三回忌の捉え方が変わってきます。今回が弔いあげと捉える場合、四十九日などと同様親戚上げての会食を行うこともあるようです。

三十三回忌もこれまでの年忌法要と同様、僧侶の読経と墓参を行いご供養を行うというスタイルを取ります。今回で弔いあげとするか否かは僧侶の考え方や宗派等によっても大きく変わりますので、一度は必ず僧侶に弔いあげに関する質問を行いましょう。また、これから五十回忌までの年忌法要の仕方なども宗派・地域性によっても大きく変わります。できるだけ僧侶に今後の年忌法要に関するお話も伺いましょう。

三十三回忌法要を営む際、この他のお身内のご供養が入るかもしれません。側近のご先祖さまのご供養が考えられる場合、併修(へいしゅう)を僧侶に依頼しましょう。併修とは、法要開催の負担を少しでも減らすために側近の法要を合わせて行うことを指します。三回忌を迎える仏様の場合は併修を行うことが許されない場合がありますので、僧侶に相談をしましょう。三十三回忌で会食を検討されている方は、仕出し料理の発注、引き出物の用意などを行う必要があります。早いうちにご案内状を発送し出席確認などをいたしましょう。

お坊さん便