十三回忌法要の詳細

> 十三回忌法要

十三回忌法要

十三回忌法要は、故人が亡くなった日から12年目の命日に当たる日に執り行います。年忌法要としては、7回忌の後に行う法要となります。一般的には親族のみで執り行う事が殆どで、僧侶による読経、墓参をして一連の流れを終えます。場合によっては親族で会食をすることもあるようです。先に親族のみで執り行うと触れたのですが、今でもお付き合いのある故人に親しい方がいらっしゃったら法要のご案内をさし上げても構いません。ただし、案内状を差し上げるのは「お香典を頂戴したい」というような遠回しな催促に受け取られてしまうこともありますので、「お身内で行うのが一般的」とされているようです。もし、遠方に住むご親戚に法要を執り行う旨を伝えたいのであれば、事後報告という形を取られたほうが良いかもしれませんね。

お香典や交通費、滞在費などをご負担いただくことになりますので、失礼を承知で事後報告されるのもマナーの一つです。中には「十三回忌法要のあたり年をすっかり忘れてしまっていた」という方も多いようです。多くの場合檀家になっている菩提寺が故人の命日を管理しており、年忌法要の案内を出します。

もし菩提寺を持っていないという場合は、葬祭会社へ問い合わせをすると年忌法要の算出や僧侶の手配を行なってくれます。インターネットサイトで年忌法要を算出してくれるサイトがありますので利用するのも一案です。十三回忌法要は故人が亡くなってから干支が一回りした年に行います。できるだけこれからもご供養を続けてまいりましょう。

お坊さん便