中陰法要の詳細

> 中陰法要

中陰法要

中陰法要は「故人が亡くなってから49日間の間に行う法要」の総称です。仏教の教えでは、人が亡くなると49日間は仏になるために中陰の道を歩き、極楽浄土へたどり着くと考えられています。この極楽浄土へたどり着くまでの期間を「中陰」と呼び、命日を含め7日毎に7週間法要を行います。それを中陰法要と言います。なぜ7日ごと7週間続けてなのかといえば、古代インド文明の7進法によるものとされています。

四十九日に行う法要は「満中陰法要」と呼ぶことがあります。中陰法要では僧侶による読経を行い遺族が供養を行います。49日間に7回の法要を行う必要が生じますがそれぞれに「初願忌」「以芳忌」「洒水忌」「阿経忌」「小練忌」「檀弘忌」「大練忌」と名前が付けられており、この法要を行うための意味づけがなされています。意味を理解してご供養を行うことで、故人との突然の別れに対して、心を徐々に落ち着けていくためのプロセスを歩んでいけるのです。法要は僧侶の読経が必要になりますが、多くの場合、葬儀の後に四十九日までの法要を一挙に施していただけます。ご遺族は、各々の法要の日に揃って手を合わせてお祈りをされると良いでしょう。

中陰法要の際はご遺族などごくごく内輪でご供養されるのが一般的です。また満中陰に当たる四十九日法要では故人に親しい方をお呼びしてご供養いたしますので、案内状の作成やお斎の準備などは早めに行うようにしたいものです。また中陰の期間中は多くの方が弔問に訪れますのでお香典返しの数は十分に用意をしましょう。

お坊さん便