四十九日法要の詳細

> 四十九日法要

四十九日法要

四十九日法要は命日から49日目に行われるご供養です。ご遺族や親族、故人に親しい間柄の方を招きます。読経や焼香を行った後に、納骨を行うことが多いようです。また、新しいお位牌に入魂供養を施してもらいます。この日を境に忌明けとし、普通の生活を行います。多くの場合、祭壇を片付けてお仏壇に位牌を安置するようになります。これまで使ってきた白木のお位牌は、お寺へ納めます。四十九日法要では、僧侶や親しい方を招いて会食を行うのが一般的です。

四十九日法要は「大練忌(だいれんき)」といわれています。故人との命のつながりを感じ続けること、命の橋渡しを行うのが私たちの使命であることを感じながら、故人はもとより、故人を支えてくれた人たちに感謝をすることも大切です。これまでのご供養は故人を忘れるための物ではなく、故人との命のつながりを受け止めることや、ご遺族が悲しみから立ち上がるまでのプロセスを進んで行くためのものです。時折、故人を思い出すことが何よりも一番のご供養になります。四十九日法要の会食の席でも故人を偲びながら思い出話に花を咲かせてください。

四十九日法要を終えると、百か日、一周忌、三回忌と法要の間が開いていきます。祭壇からお仏壇にお位牌を設置しますので忘れがちになってしまいますが、お仏壇には毎日新鮮な水とご飯などをお供えします。先祖代々伝わるご供養方法があればそれに従い、初めて仏壇を設置される場合には、僧侶へ教えを請うことも大切ですよ。

お坊さん便