閉眼法要の詳細

> 閉眼法要

閉眼法要

閉眼法要(へいげんほうよう)とは、お墓を建て直し、墓石の引越しや修理・解体をする際に行う仏教儀式です。僧侶が読経をすることによって、仏塔として機能していた墓石から魂を抜いて「ただの石」に戻す儀式です。地域によって「お精抜き」「閉眼供養」などと呼ばれます。宗派によってもいい方は異なりますが「撥遣(はっけん)」と言う仏教の考え方に基づいた儀式ですので、大元は何ら変わりありません。

もし、何らかの事情で墓石や仏壇を新調もしくは改築する場合は、石材店や仏具店に相談をします。菩提寺がある場合は、僧侶を手配して閉眼法要の依頼を行います。用意するものは、花・お線香やろうそくなどですが、僧侶から指示を受けることでしょう。墓石の納骨室の中に入っていたお遺骨ですが、ご自宅もしくはお寺での保管を行うことになります。墓石のみの交換などといっても、閉眼法要のあとは納骨室も仏塔の機能はありませんし、万が一の事故の際にはお遺骨に対する保証も無くなってしまいますので、安全な場所へ保管することが一番です。新たな墓石などを建立後、開眼供養を営みお遺骨を収めます。

閉眼法要のお布施としては2〜5万円が平均的だとされていますが、地域によっても異なりますので、事前に僧侶に相談をされると良いでしょう。閉眼法要を終えたあと、不要になった墓石やお仏壇などは、石材店や仏具店に処分を依頼しましょう。放置をすることは良いことではありませんので、できるだけ早めに手配しましょう。

お坊さん便