納骨法要ってどんな儀式ですか?の詳細

> 納骨法要ってどんな儀式ですか?

納骨法要ってどんな儀式ですか?

納骨法要とは、お墓に遺骨を収める際に行う法要です。僧侶に読経をしてもらい、納骨を行います。多くの場合、四十九日法要と同時に納骨法要を行います。納骨できる墓石が事前にある場合は火葬後もしくは葬儀終了後に納骨法要を行うこともあります。納骨のタイミングに関しては墓石店や僧侶と相談をしながら決めて行きましょう。墓石店とは、納骨室を開けていただいたり、墓石などに戒名を刻んでいただくなどのお仕事を依頼しなければいけないので、早めに手配をしましょう。

納骨法要はこちらの世に残った遺骨が邪気にさらされないよう平穏に安置されるよう祈るための仏事です。穏やかに合掌をして法要に参加しましょう。納骨法要の際には焼香をする他お供え物が必要になります。菩提寺の僧侶に訪ねるのが一番です。ご遺族の意向でタバコなど故人が好きだったものをお供えする傾向もあるようです。仏花などもお供えする必要があります。仏花は束花として花屋さんで販売していますが、故人が大好きだった洋花でも構いません。

納骨法要を終えたことで、ご遺骨がこちらの世での故人が存在していた「証」として残されることになります。お墓参りに出かける意味も強まりますので、命日・彼岸・お盆など節目毎にお線香を上げ静かに手を合わせましょう。ご家族で墓参に出かけるのが一番です。故人が好きだったお菓子などを墓前に供えて、お焼香を済ませたあと墓参に訪れたみんなで持参したお菓子を食べるのは何よりも良いご供養になります。

お坊さん便