お彼岸は進んでお参りをしましょう。の詳細

> お彼岸は進んでお参りをしましょう。

お彼岸は進んでお参りをしましょう。

お彼岸とは、春分・秋分を挟む前後三日の七日間を指します。毎年春分・秋分は変わりますのでカレンダーで確認するとわかるでしょう。お彼岸の期間中に仏様(ご先祖さまの霊)の供養をすることで、自分自身も極楽浄土へ行くことができるという考えに基づいています。ご先祖様の供養を忘れないための言い伝えとも受け止めることができますね。お彼岸の初日を「彼岸の入り」最終日を「彼岸明け」といいます。そしてそれぞれ春分の日・秋分の日は「彼岸の中日」と呼びます。

お彼岸を向かえるにあたって、お仏壇や仏具、お位牌の掃除を丁寧に行いましょう。またお墓の掃除も行います。供花やお供え物を準備してお仏壇やお墓にお供えします。お彼岸というとそれぞれの家でおはぎを作ることでしょう。同じ「おはぎ」なのですが、春彼岸の際は牡丹の花になぞらえ「ぼたもち」と呼び、秋彼岸の際には萩の花になぞらえ「おはぎ」と言います。地域によってはよもぎの葉をお餅に混ぜ込んだ「草餅」などと春彼岸にお供えすることもあるようです。

お彼岸の際の墓参の時には、お線香・仏花、果物やお菓子を持っていきます。お供えのため、新鮮なお水やお茶を用意すると丁寧です。お線香をつけるマッチやライターも用意します。墓石を掃除しお線香を上げてご供養が終わったあとで、墓参者全員でお墓にお供えしたり持参したお菓子を頂きます。鳥害などを防ぐためとも言われていますが、ご先祖様と一緒の物を食べることでご供養にもつながるのです。あとは、お線香の燃えカスなどを確認して帰宅の途につきましょう。

お坊さん便