法事とお布施の詳細

> 法事とお布施

法事とお布施

法事の際には僧侶を呼び、故人の霊を慰め、成仏できるようにお経を唱えていただきます。菩提寺がある場合、僧侶が法事に関する連絡を遺族宅へ行い、日程を調整していきます。お布施はお寺に対する謝礼として僧侶にお渡しします。読経や様々な儀式に対するお礼と位置づけるとわかりやすいでしょう。法事の際にも僧侶に読経をしていただいた場合はお布施をお渡しし、場合によっては食事を提供する必要があります。

一番気になるのはお布施としてお渡しする金額のことでしょう。僧侶は「気持ち程度」と断りを入れることが多いのですが、相場がありますのでそれを参考にされると良いでしょう。法事の際のお布施は3万円程度。その他に必要であれば五千円程度の「御車代」(遺族が菩提寺へ送迎をする場合は不要)、会食に僧侶が出席しない場合にはお膳に相当する金額を「御膳料」としてお渡しします。不祝儀袋や郵便番号窓がない白い封筒に包んでお渡しするのが一般的です。不祝儀袋を用意する際には、表書きがなされていないものを選び、それぞれに「お布施」「お車代」「御膳料」などと記載しましょう。薄墨を使う必要はなく、普通の墨を用いて構いません。小さなお盆にお布施を乗せ、僧侶にお渡ししましょう。

お布施に対する負担は大きいとお悩みの方もいらっしゃいます。菩提寺を持っているご遺族の場合は、お布施はお気持ち程度としながらも、清掃活動などの奉仕作業に進んで参加をするなど菩提寺へ貢献するだけでも大丈夫ですよ。

お坊さん便