法事とは?の詳細

> 法事とは?

法事とは?

「法事(ほうじ)」とは、亡くなった方の冥福を祈り、供養を行う事を目的とした仏教に基づいた行事です。法要(ほうよう)と呼ぶこともあります。法事は亡くなった日から四十九日間までの忌中には7日おきに行います。忌明け後は、年忌法要を行います。初七日法要・四十九日法要の際は親しい知人などを呼ぶことが多いのですが、忌中の法要の際は遺族のみで行われることが殆どです。

なぜ忌中は7日おきの法事が必要になるのかといえば、仏教の教えに基づきます。死者は7日おきに閻魔大王による生前の行いに対する裁きが行われます。四十九日目に極楽浄土へいけるかどうかの判定が下される考えられており、7日毎の裁きの日に合わせて法要を行い成仏できるように祈るのです。追悼法要に関しては、初七日法要から四十九日まで七日おきに行うものと、百日目の行う百か日法要、その後一年目、二年目、六年目と命日に行われる年忌法要があります。満32年目の命日である三十三回忌もしくは満49年目の五十回忌を持って弔い上げとし、故人の戒名をお位牌から先祖の霊の位牌を祀ります。

法事は初七日・四十九日・一周忌・三回忌には遺族だけではなく、親族・友人知人などが参列し、会食を交えて故人を偲びます。ただし、法要毎に会食を行うのは負担が大きいので、四十九日などに会食を行いその後は省略するスタイルもあります。また、宗派や地域によっても法事に対する考え方が異なりますので、葬祭会社や菩提寺の僧侶に相談をすることをお勧め致します。

お坊さん便