49日法要は故人を送り出すための儀式です。の詳細

> 49日法要は故人を送り出すための儀式です。

49日法要は故人を送り出すための儀式です。

仏教では、亡くなった日を1日目と起算して49日間を「中陰」と呼びます。宗派によって様々な考え方があるのですが、この中陰の期間、死者はこちらの世界と極楽浄土の間をさまよっており、こちらの世界に未練を残していることもあるようです。7日毎に法要を行い、故人の冥福を祈ります。49日目には故人が安心して極楽浄土へ旅立てるよう法要を行い祈りを捧げます。遺族たちも49日を境に「忌明け」とし、故人を失った悲しみから離れこれまでの生活に戻る準備をするための切り替えを行う意味も込められています。

49日法要は、僧侶を呼んで読経を依頼するのが一般的です。納骨を行ったり(地域によって納骨の時期は違います)仏壇を新規に購入した場合は僧侶による開眼供養を行うこともあります。知人やご近所の方、故人に親しい方を招いて法要後に会食を行うのも一般的です。この会食は僧侶や参列者への感謝の気持ちをを食事にして施すだけではなく、この日を境に極楽浄土へ旅だった故人の生前を思い出し偲ぶための行事としても位置づけられています。地域によっては49日を忌明けとせず、35日を忌明けとすることがあります。49日法要の位置づけも宗教の違い、宗派・地域性の違いで異なることが多いので、遺族は参列者へ49日法要の開催に関して正しく案内をする必要があります。

49日法要の流れに関してはわからないことだらけという方が殆どです。費用はもちろんかかりますが、葬儀の際にお世話になった葬儀社に運営をお任せしたり、菩提寺の僧侶に相談をするとスマートに進めることが出来ます。

お坊さん便