法事

おすすめ

法事・法要に関するQ&Aサイトとなります

法事は何をすれば良いのか?葬儀との大きな違いは何か?親族が集まったときにどんなお料理を出せばよいのか?供物は何が良くて法要に必要な金額の相場はどれぐらいなのか?これから法事を行ううえでわからないことを色々と特集しているサイトとなります。

お坊さん便

曹洞宗の戒名あれこれ

曹洞宗は中国の流れを次ぐ禅宗で、宋で修行をした道元禅師が日本における曹洞宗を始めました。本山は永平寺、總持寺です。坐禅に徹する黙照禅が特徴です。曹洞宗の戒名は「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成されており、一般的には「道号・戒名・位号」の構成となっています。またそれぞれ二文字で授けることが原則とされています。

院号は仏教への篤い信仰心を持っている方、寺院への精神的なサポートだけではなく多くの寄進をされた方に授けられます。「院殿号」の院号は社会的地位を持っている方、お寺へ大きな寄進をされた方などに授けられます。「院殿号」の院号が授けられた場合、位号は「大居士・大姉」とされるのが一般的です。曹洞宗の戒名で通目したいのが道号と戒名です。道号はその人の徳を表現しているもので、俳号や雅号が用いられることがあります。このような名前がない場合は、道号と戒名の四文字は経典や漢詩などを参考にして、対句を用いた熟語とすることが多く見受けられます。故人の生前の話を伺い、経典や中国の漢詩などに当てはめて表現してくださることが多いので、戒名の意味を知ることで、故人の生前の人となりを知ることができるのです。

檀信徒の中でも参禅を積極的に行い、宗教的な価値観を持ち、達観された方に対して与えられるのが「禅定門(禅定尼)」と言う位号です。居士や大姉に続く格式ですが、文字が1文字多くなりますので居士・大姉よりも格上だとするところもあります。

臨済宗の戒名あれこれ

臨済宗は禅宗の一つで、現在の臨済宗の形は江戸時代に白隠が再興したものです。臨済宗の戒名は、文字数に特徴があります。院号・道号・戒名・位号の構成になっています。道号と戒名が大きくつながりを見せており、故人の生前の業績や性格などを表して授けられることが多く見受けられます。戒名を見ると、故人の生前はどのような方だったのかひと目で知ることができると言われています。

戒名には尊称を付けられることがあります「院・院殿」のほか「軒・庵・斉」などがあります。院や院殿に準じた尊称として受け取ることが出来ます。臨済宗でも、院号・院殿号は菩提寺や臨済宗への篤い信仰を持っておられる方や大きく貢献された方に授けられます。社会的貢献度の高い方にも贈られるとされています。臨済宗では15歳以上の男女には信士・信女の位号を授け、成人男女で仏門に帰依し仏道修行を実践した方に対しては居士・大姉の位号を授けられます。

仏道修行というような深い活動ではなくとも、お寺に寄進をしたり、お寺に対するサポートを行った方などにも授けられることが多いようです。また先述のように。仏門に帰依し、仏道修行を実践し達観された方などに対しては、「禅定門・禅定尼」「大禅定門・大禅定尼」などという位号を授けることもありましたが、このところではあまり使われなくなったとされています。ご遺族は故人が位の高い戒名を頂いたからこれでおしまいということにせず、ご家族でお寺へさらなる貢献を続けなければいけません。

天台宗の戒名あれこれ

天台宗は、最長によって日本に伝えられた大乗仏教の宗派です。妙法蓮華経を教典としています。天台宗で授ける戒名は仏の教えに帰依し、仏教徒として戒めを守り、菩薩であることを自覚して生活することを誓った方に授けられるものです。天台宗の場合、大乗菩薩戒と呼ばれる3つの戒めを誓う事がベターとされていますので、亡くなってから戒名を授かるよりも、生前に授戒し戒名を授かっておくことが望ましいとされています。天台宗の戒名は他の宗派と同様「院号」「道号」「戒名」「位号」で成り立っています。

院号や位号に関する習わしも、仏門に深く帰依し、貢献度が高いほど院号が付き、位の高い位号が授けられます。天台宗では、本位牌に戒名を刻む際には、梵字の「ア」もしくは「キリーク」を戒名の上に入れます。ア文字は大日如来を意味し、キリークは阿弥陀如来を意味します。子どもに対する戒名の場合は、梵字の「カ」を入れます。これは地蔵菩薩を意味しています。

また、通夜や葬儀の時は白木の位牌を用います。白木の位牌の場合は、最上位に「新円寂」「新帰真」「新没故」と書き入れ、戒名の下には「霊位」「霊儀」などという置字を行います。四十九日が過ぎると塗の本位牌に改めます。本位牌の開眼供養を行い、お仏壇に安置をする際に、これまでの白木のお位牌はお寺に納めます。この仮のお位牌のままにすることで、葬式が終わっていない、成仏できていない形を引きずってしまうことになりますので注意が必要です。

日蓮宗浄の仏事あれこれ

日蓮宗浄風会は法華系の仏教系の新興宗教団体です。日蓮聖人の教えをベースに出家僧侶を持たず全て在宅信者のみでの信仰を行なっています。入信に関しては、条件もありませんし修行の強要もありません。寺院仏教とは違う事が最大のメリットです。寺院仏教が権威主義や戒名をお金で売るような商業主義に陥っている、仏教の教えやあり方とは大きく外れてしまっていると捉えており、在家教団として独立した運営を行なっています。

日蓮宗浄風会では、法名と呼んでおり、信者だけに授けるものとしています。法名は信者の生前の信仰生活をまとめた履歴書として授けられています。出家僧侶を置かない日蓮宗浄風会では、信者同士で相互扶助を行う日の如く葬儀を行います。形式だけの僧侶を呼んだ葬儀よりも、信者同士でご遺族を励まし合い葬儀を営みますので、死に関する価値観を養うことが出来ます。また信者同士ですべてを営むことで悲しみを乗り越えるための受け止め方が前向きになれるとされています。また命を大切にする法華経の流れを汲む日蓮宗浄風会の教えを通じて「死を受け入れる価値観が変わる」と多くの方が実感しています。

日蓮宗浄風会の他にも、様々な仏教系の信教が存在しており、それぞれに仏事に関する考え方が変わります。戒名・法名に関する考え方も大きく変わる場合がありますので、まずは教えに添うことが大切です。また、教典は同じものでも、寺院と新宗教は全く違う事なども理解する必要があります。

浄土真宗(東)の戒名あれこれ

浄土真宗東本願寺派は、浄土真宗から派生した仏教です。真宗大谷派から独立したお寺様で構成されています。浄土真宗では、授戒を行なっておりません。そのため戒名を授けるのではなく、新しく仏道生活に入った方に授けると言う意味合いで法名と呼びます。亡くなってからと言うよりは、生きている時に本山で「帰敬式」を受け法名をいただくことが望ましいとされています。浄土真宗の信徒で生前に法名を頂いていない場合は、葬儀の際に「帰敬式(おかみそり)」を行い仏弟子となった証として法名を与えて頂きます。

浄土真宗では、東西関係なく、法名に「釋(しゃく)」という文字を当てはめます。これは親鸞聖人が自らを「釋親鸞」と名乗っているところから来ており、お釈迦様の「釋」である一文字であることがわかります。以前は、女性の場合に「釋尼」の文字を入れていましたが、浄土真宗の教えの一つでもある「無分別」に矛盾してしまうことから、男女別け隔てなく「釋」一文字としているお寺が増えて来ました。

浄土真宗東本願寺派で法名を授ける場合は、一般的には、法名のみが殆どです。「法名は長いほうが位が高い」と言う考え方が主流になっているためバランスを考え「居士・大姉」などというような位号をつけられた法名も目立つようになりました。また、戒名と言う考え方を持っていないので、お位牌はありません。ただし、浄土真宗東本願寺派の信徒であっても「心の拠り所」としてお位牌を作り安置しているご遺族もいらっしゃるようです。

浄土真宗(西)の戒名あれこれ

浄土真宗は大谷廟堂を発祥とする本願寺(西本願寺)を本山としています。信者数も浄土真宗の各宗派含めて最大規模とされています。浄土真宗では、出家を強いる宗派ではないので、戒名ではなく「法名」といいます。法名の中に「釋」と言う文字が含まれますが、これは釈迦の略で、釈尊の家系に入ると言う意味あいが込められています。親鸞聖人が「釋親鸞」と名乗っていることでもわかります。女性の場合は「釋尼」とつけるところもありますが、無分別の教えを説いているため「釋尼」をあまり用いなくなってきています。

浄土真宗の場合、生きているうちに「おかみそり」と呼ばれる帰敬式を行い法名を授けていただくことが本筋とされていますが、帰敬式を済ませず亡くなった場合は、葬儀の際に「帰敬式」の儀式を行い法名を受けます。浄土真宗の場合、シンプルに法名のみで済ませることが殆どです。「釋○○」と言うように院号や位号などがありません。

ただし、以前から「戒名の文字数が多いほど偉い仏様として扱われる」「御先祖様には大居士等位の高い戒名を受けた方がいるので、浄土真宗の法名だけではバランスが取れない」などという考えをもっている一般信徒がいるのも事実です。浄土真宗(西)本願寺では、お寺に大きな貢献をされた方に対して院号を付与する習わしがあります。どのような貢献をすればいいのか?と悩まれる方もいらっしゃいます。規定額以上のお布施や寄進をしたと言う記念品の一つとして「○○院釋△△」の院号が与えられるのです。

僧侶を派遣することはできますか?

このところでは核家族化が進行して、信教や菩提寺を持たないご家族が増えています。故人の見送り方・弔い方はそれぞれにありますが、出来れば一般的な仏式で葬儀を出し故人を見送りたいのが日本人として自然なお気持ちであることでしょう。地元の葬儀社を介して僧侶の派遣を依頼したら戒名をいただくだけで法外な金額を請求されてしまい困ったという方もいらっしゃいます。またこのところでは家族葬などというご遺族のみで故人を見送る葬儀スタイルも増えているので、お布施にお金を掛けることが難しいという方も多くいらっしゃるようです。

ここでおすすめしたいのが、各宗派対応の寺院僧侶の紹介派遣センターの利用です。各宗派の寺院でお勤めする僧侶が戒名を付けてくださいます。通夜・葬儀・初七日、火葬場での読経などを含めてもとても安価に済ませることができます。ビジネス的なシステムなので、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的な寺院もシステマチックになってしまい、仏教徒としての儀式と言うイメージが崩れてしまっているところもあります。こうやって考えると、ご遺族様が受け止めなければいけないあらゆるご負担が少なくなるのではないでしょうか。

僧侶も雇われた方ではなく、お寺でお勤めするご住職や副住職様がご担当なさいます。その宗派独特の説法・開眼供養なども丁寧に施してくださいますので、安心して故人を見送ることができるでしょう。ご遺族だけではなく、お身内や知人の皆様も納得されるはずです。

僧侶を手配したい

このところでは核家族化や、「本家・分家」などという捉え方がなくなりつつあるので、お寺の檀家に入られていないご家庭が増えて来ました。また管理費やお寺の施設充実費など折りにふれての寄付金集めや檀家同士のコミュニティなどと言うような檀家制度に縛られるのが嫌だという方もいらっしゃるようです。それでもお身内のご逝去の際には、一般的な仏式の葬儀で見送りたいのが本音というところでしょう。葬儀社などを通じて僧侶を手配するとかなり高額な費用を請求されることがあります。ご負担を少しでも減らしたい場合は、僧侶の紹介派遣センターの利用をおすすめします。

実際に寺院にお勤めされている僧侶が葬祭会館へ派遣されます。各宗派対応されており、各宗派に則った格式のある葬儀を執り行う事ができます。派遣いただく僧侶に対しては、戒名を持たず俗名のまま通夜・葬儀を行うことや院号・院居士などの戒名をいただくことも可能です。ここで注意しなければいけないのが、ご依頼者様の菩提寺の有無です。ご依頼者様の世帯に菩提寺がある場合は、菩提寺の許可がなければ僧侶の派遣手配をすることができません。承諾なき場合は、檀家制度に支障をきたし、既存の先祖代々の墓所に納骨ができない場合もあります。

ご葬儀の際に僧侶を手配してほしいと言う場合は、紹介派遣センターの無料相談窓口を利用しましょう。無料相談窓口では、葬儀に関するあらゆるご相談に応じてくださいます。また僧侶の派遣手配に関してもスムーズで、ご先祖の宗派がわからない場合でも調べていただける安心感が伴います。

お寺さんの派遣を検討されている方へ

突然のご不幸でご遺族が取り乱されるのはごく自然なことです。無事にご葬儀を終えるだけではなく、お寺での法要や火葬を済ませた後のご遺骨のお預かり、墓所を探す事などたくさんの仏事に関するお手続きに悩まれることでしょう。このところでは、菩提寺を持たない方、お寺さんとのつながりを一切持っていない分家の方などが増えています。

突然のご不幸で、葬祭会社へ相談をしたら、名ばかり僧侶がやってきて読経をするだけで終了。お墓のことや後の仏事に関する事の相談には乗ってもらえなかった、戒名料だけで車が買えてしまうほどの価格をお布施せざるを得ず泣き寝入りしてしまったと言う場合もあるようです。こんなことがないようにお寺さんはご自身でお探しになることをおすすめします。一番お勧めしたいのが、お寺さんの紹介派遣センターへの問い合わせです。24時間年中無休としている専用ダイヤルがありますので、とっさの時に役に立つことでしょう。

お寺さんの紹介派遣センターをおすすめすることのメリットとしては、通夜から火葬場での読経、初七日の法要まですべてコミコミのお値段で僧侶の派遣が叶う点が挙げられます。また寺院を持つ僧侶が派遣されますので、ご葬儀を終えた後に関するご相談ができるところも安心できるポイントです。菩提寺を持ってはないけれど、身近に信徒がいたので馴染み深い宗派で葬儀を出したいなどというお願いにも応えるとが出来ます。またお待たせすることなくスピーディーに派遣できる僧侶をご紹介できるのも強みですね。

お寺を手配したい

突然の仏事、重なる家庭の事情で菩提寺すらなく困っていると言うご家庭も多いのではないでしょうか。葬儀だけではなく、年忌法要を執り行いたい。火葬だけは済ませたけれどご遺骨を安置できるお寺やお墓が欲しいなどと悩んでいる方も実は多いようです。ここでお勧めしたいのが、お寺や僧侶を派遣紹介してくれる案内センターの利用です。24時間年中無休で、専用ダイヤルの利用でいつでも相談に応じていただけます。

葬儀や年忌法要を執り行うためのお寺の紹介から、ご遺骨の預かりや永代供養墓への安置などに関する相談もすることが出来ます。ほとんどの紹介派遣センターは、ほぼ全国を網羅しています。お住まいの地域に対応出来る僧侶を派遣していただくことができるので安心です。格安なお布施、一律料金の請求であることは仏事とはいえ消費者の立場から見ると安心できるでしょう。派遣紹介センターでは、寺院を持つ僧侶のみを紹介しています。在宅僧侶や、名ばかり僧侶などの手配はしていませんので安心です。またご希望される宗派の僧侶を派遣しますので、信徒としての義務を果たしたかった方も安心です。戒名・法名に関するご希望も聞き届けてくださいます。もちろん僧侶を紹介・派遣することに関しての手数料は一切掛かりません。無料で利用をすることができるので安心して連絡をされると良いでしょう。

突然のお別れに動揺されている方もいらっしゃることでしょう。もちろん地域の葬儀社を紹介できる場合もありますので、ご遺体の搬送などに関する相談もなさってくださいね。

最新のエントリー一覧

天台宗の戒名あれこれ
天台宗は、最長によって日本に伝えられた大乗仏教の宗派です。妙法蓮華経を教典として...

日蓮宗浄の仏事あれこれ
日蓮宗浄風会は法華系の仏教系の新興宗教団体です。日蓮聖人の教えをベースに出家僧侶...

浄土真宗(東)の戒名あれこれ
浄土真宗東本願寺派は、浄土真宗から派生した仏教です。真宗大谷派から独立したお寺様...